Step1、電子的媒体商品作成手順

1)あなのすでに持っている強みのノウハウをたくさん書き出してください。
2)その中から3つ程度に絞込みます。
3)リサーチします。
・ネットサーフィンで調べましょう、売ろうとしている商品ノウハウが市場で勝てそうか?
・これからの時代トレンド商品となるか?
・ニーズが多いノウハウか?
・時代の変化しても継続的必要なノウハウか?

◇時代のトレンド商品・サービスは?

時代の変化とその影響、高速移動・高速通信・ネット学習・

◇5Gが広がり高速通信
スポーツ観戦方法が変わる。
遠距離での機械操作が時差無く可能になる。

◇自動運転が加速して、
車の所有数が減少する
駐車場が減少する
免許返納が多くなる
事故が減少する、保険料が下がる
タクシーが減る

◇AIが発展する
銀行員・会計士・単純作業員・レジ担当が消える

◇少子高齢化が加速する
空き家問題が大きくなる、不動産投資が難しくなる
年金保障が危機を迎える
労働人口が減少し、介護や建設業などの労働者が不足し、後進国からの出稼ぎ労働者が増加する。

◇日本の借金が最大化
国債の暴落し、口座閉鎖される可能性が高まる

◇キャッシュレス化が加速
電子通貨が普及する、携帯電話での支払いシステムが当たり前になる。

◇SNSを利用した広告配信ビジネスが成立する
YouThub・17Live・MIxchanel・TikTok
での動画配信
Tuwwter・Facebook・insuta
での情報配信

◇携帯電話が100%普及

◇ネット直販が増える
問屋が無くなる、スーパーの統合や閉鎖が増える

4)リサーチの結果1つに絞り込みます。
5)あなたのノウハウのUSPを明確にします。
・誰に(ターゲットの明確化)
・何で(商品・サービス・手段・方法・ノウハウ)
・どんな約束が出来るのか(顧客のベネフィット・ネリット)

※PDF商材の場合説明の中にYoutube動画URLを掲載して、動画で解説を見る事が出来るとより効果的です。
是非あなたのノウハウの説明動画を日常的に撮影してYouThubに上げておくことをお勧めします。
先々にYouThubの広告宣伝費も収入になりますし、サイトを作成したり、SNSで集客する時にも使えます。

◇あなたのノウハウを売るためには?
競争の激しいレットオーシャン市場でなく競争の無いブルーオーシャン市場で売ると、売り込まなくても売れます。

◇そのために必要な条件は?
オンリーワンのノウハウである事、他には無いノウハウ、誰も知らないノウハウで、得するノウハウ、役に立つノウハウである必要があります。

世の中に無いオンリーワンの商品ノウハウを作る事はできそうに無いと感じますよね!
ご安心ください、方法があります。
それは、オズボーンのチェックリストを使って、あなたのノウハウをオンリーワンにすることが出来ます。

※、オズボーンのチェックリスト

◇そのノウハウをどこで、どうやって売るのか?

自動化で競争力のある価格で売るためにはネット販売が最適です。
それも自分で宣伝して売るのではなく、誰かに売ってもらえば全自動で売れる不労所得を得る事が出来ます。
それが、アフィリエイト販売です。

自分でノウハウを売る場合も、誰かに売ってもらう場合も、物販をする場合も全てに共通するのがセールスレターをダイレクトマーケティングやフリー戦略のツーステップマーケティングで販売します。
どのように良い商品サ―ビスでもノウハウでの、売れなければ意味がありません。

売るためには知ってもらう必要があります、だから宣伝します。

◇あなたは、どこで宣伝しますか?

新聞・メディアのテレビやラジオ・ネット上のブログ、ホームページ・その他のSNS
新聞やメディアは費用が掛かります、検索サイトやネット宣伝会社への依頼も費用が掛かりますが、お金の有る方は大手ネット広告販売会社を活用すると効果的です。
お金の無い方は、アフィリエイトとブログ、ホームページ・その他のSNSでの宣伝が良いと思います。

その宣伝をする時に、影響力があり効果のある順番は
文字<音声<動画<面談 の順です。

つまり動画配信を駆使した宣伝が効果的であることが分かります。

———————————————————————————————————–

◇自分が組み込まれなくても不労所得が入り続けるビジネスモデルの作り方

◇具体的な5つのステップと必要なスキル

Step1、電子的媒体商品作成手順
Step2、あなたのノウハウを紹介し宣伝する場所を作るために必要なスキル。
Step3、次にあなたのノウハウを集まった見込み客に有料で買ってもらう方法。
Step4、有料ノウハウ商材を購入して頂くために必要なスキル。
Step5、有料ノウハウ商材を売るためのスキル。

◇具体的な目標と実行計画

◇その他の不労所得を得る仕組みをご紹介します。

不労所得を得る7つの方法

1)年金の種類と金額
2)ネットビジネスの種類
3)投資ビジネス
4)株のトレード
5)ビジネスオーナー
6)ネットワークビジネス
7)社会保証(生活保護)