成功者の思考No1.失敗を恐れずリスクに責任を取る

1-1.責任は常に自分にあると考える。

自責思考で、失敗を避けるよりも失敗を恐れず挑戦する、むしろ失敗は成功する為の糧と考えている。だから、たとえ失敗しても落ち込まず、言い訳を言う事も有りません。


過去の失敗に捕らわれる事は無く、自己選択の結果としてリスクや責任を取る意識を持っています。

成功する人は責任感を持っている

こどもの育成や部下の育成する時に「教えても出来ない子供や部下が悪い」と考える方は、何時までも成長も改善も出来ません。

こういう人の考え方はいつも「自分は悪くない、相手が悪い」です。こういう考え方をしていると自分は悪くないので改善すべき部分が一つもないということになり、いつまで経っても成長しません。

自分にはなんの落ち度もないと思っているわけですから、5年後も10年後もずっと他人にイラついて、相手に対して怒っています。

不思議なことに、その人の周りには他人をイラつかせる人ばかりが集まっているように見えるのですが、実際はそうではなく、その人の思考がそう見えるようにしているのです。

しかし、成功する人は違います。責任は常に自分にあると考えているので「子どもが理解できない教え方をした自分が悪い」、「部下にていねいに説明していなかった自分が悪い」と考えます。

もちろん、自分が悪いと考えたからと言って、自分に対してネガティブな思考にはなりません。どのように教えれば相手がより簡単に理解し行動してくれるか。より良い方法を常に考えているので、上手くいかないことがある度に改善され成功に近づけるのです。

1-2.失敗する事は成長の過程であると考え挑戦する

成功する人は、必ず失敗を経験します、失敗を経験したことがない人はいません。失敗せずに成功できることはありません。

自転車に乗るための訓練をした時に、転ばずに初めから乗りこなせた人はいないと思います。失敗は成功の糧であるということになります、しかし失敗を続けるのではなくどうすれば成功するかを考えることが大事です。

1-3.失敗しても落ち込まない

成功する人は、失敗したからといって落ち込むことはありません。それは、落ち込む暇はもったいないと考えているからです、早く成功するために新しい施策を考え実行した方が良いと考えています。

自転車に乗る練習で転んでも諦めて、自転車に乗ることを辞めるということは無かったと思います。むしろ、いつか自転車に乗ることができると夢見て、挑戦を繰り返したはずです。

失敗で落ち込むよりも、新しい何かを考えるか、もう一度挑戦することです。何事にもポジティブシンキングは大事なのです。

1-4.言い訳を言わない

成功する人は決して言い訳をしません。言い訳をするのではなく、むしろ失敗した理由、問題点を把握、分析し、それを改善しようとします。人間は誰しも自分の力を過信する傾向にあるので、失敗した時には周りの人たちのせいにしたくなります。

1-5.未来志向で、過去にとらわれません

成功する人は未来志向で、過去にはとらわれません。成功体験にとらわれたり、失敗体験にとらわれ逃げることもしません。過去よりも未来に意識を向けています。過去の出来事の事実を認め受け入れ、未来を変えていく。そういった未来志向の考え方をします。

1-6.リスクを取る

起業で成功する人は、リスクを取ります。それは、場合によっては修復不可能なリスクかもしれません。しかしながら、リスクを取らなければ、偉大な成功をしないことを皆さんは知っています。


自身ができる範囲で物事を行っても、何も成長できません。無謀すぎる挑戦は、仲間を危機にさらしますが、適度にリスクを取ることがなければ、自分の殻を脱しません。また、成功する人は、可能か不可能かで物事を考えるのではなく、どうすれば達成することができるのかを考えます。


リスクを取り、達成を目的において行動することで、成功に確実に近づくことができます。

1-7.責任を取る

成功する人は、失敗した時、責任を取ります。誰かの責任にはせず、部下が失敗したときや、さらには上司の失敗にまで、自身のことのように反省します。


部下の責任にするのではなく、自身のマネジメント能力に問題があると悟ります。また、上司の責任にするのではなく、上司に影響を与えるだけの力が自身になかったと気付きます。そういった風に物事を考えられる人には、必ず良い部下に恵まれます。

そして、社会に対し素晴らしい仕事をします。

1-8.失敗を恐れない!

まず大事だとされているのが「失敗を恐れないようにする」という事。
成功者が、成功に至るまで一切の失敗やミスがなかったかというと、決してそうではありません。先程もご説明しましたが、失敗を経験した事がない成功者など、ほとんど存在しないわけです。大事な事は、失敗を繰り返さない事。


そのために、どうすれば失敗しないのか?成功にどう繋がるか?よく考える事。そして、失敗した事でくよくよしない事も大事な事にもなってきます。失敗が続くとどうしてもネガティブに物事が考えられなくなり、「どうして自分にはできないのか」と落ち込む事もあるでしょう。


しかし、そんな時にすぐに気持ちを切り替え、成功する為にどうすればよいのか?を考える意識を持ちましょう!ミスした事で落ち込む時間は、正直勿体ない時間です。
成功する為の対策を練ったり、違う方向でアプローチできないかを考えていく時間の方が、よっぽどポジティブで建設的だと成功者は分かっているので、心掛けています。

成功者の20の思考

No1.失敗を恐れずリスクに責任を取る
No2.主体的に自分で明確に決断する
No3.良い環境に自分の身を置く
No4.感謝する心を忘れない
No5.自己投資と学びを加速します
No6.時間を確保している
No7.目的と目標を明確にしている
No8.常にポジティブである
No9.すぐに行動する
No10.習慣化思考
No11.想像力が高い
No12.孤独を恐れない思考
No13.WinWin思考
No14.他力思考
No15.聴く力を持ち、自慢話はしない
No16.お金にきれいで粗末に扱わない
No17.一つのやり方に固執しない
No18.目的論で思考する
No19.コーチングスキルがある
No20.欲求や期待を解放し不満を手放せる

 

カテゴリー: 成功の法則