成功者の思考No4.感謝する心を忘れない

4-1:感謝する心

成功者というのは皆、周りへの感謝の気持ちを大事にしています。
日々の出来事や自分の健康、誰かとの出会いを当たり前ではなく、奇跡の出来事と思っています、ですからあらゆることに感謝が出来るのです。
自分へはもちろん周りへの感謝を忘れずポジティブな感情で満たす事は、時にアイディアを生む源となり、クリアな思考で捉えることにも繋がってきます。

成功する人は、自身を支えてくれた人達に感謝します。それは家族であったり、友人であったり、恩師であったり、チームメイトであったりします。
上手くいったことを自分の力のようにひけらかすのは、力がない証拠です。承認欲求を満たさなけらばいけないほど、力不足なのです。
「ありがとう」と伝えることができる人が真の成功者であり、歴史に名を残します。

4-2:相手を褒める

成功する人は他人を批判することはしません。そもそも他人の行為に興味がないのです。つまり、他人の落ち度を見つけて批判するネガティブな思考をしないということです。
他人を批判するよりも、他人の良いところを見つけて褒めることにエネルギーを注ぐ。これが成功する人に共通する習慣です。

4-3:相乗効果を作り出す

成功者はWinWinの相乗効果を大切にしています、勝ち負けなしでお互いの長所から学ぶ思考をしています。人はどうしても相手との共通点にばかりこだわってしまうのですが、自分と違うところを見つけ合うからこそお互いの良さが活かされ、相乗効果によってより大きな成功を手に入れる事ができるのです。考え方や意見は違っていて当たり前なので、他人との違いを素直に認め、むしろ自分の弱点を見せる方が人とのコミュニケーションは上手くいったりします。
自分の考えや能力の限界を認める事、そして相手の長所から学んでいく事を行います。

4-4:折れない自信

自分のダメと思うところも、相手のダメと思えるところも認め受け入れる事が出来れば、ありのままの自分も相手も受け入れる事ができます。
「折れない自信」とはダメと思える事でも一旦受け入れ、改善する思考や行動に移せる事で生まれてきます。
けっして埋めようとしたり、隠したり、無理やり肯定したりする補償行為はしませんh、肯定・批判どちらも大事にし、否定的な事も〇と思えたときに初めて改善の勇気が湧いてきます。
そして「折れない自信」が湧いてきます。

4-5:自慢話や愚痴を言いふらさない
自慢話ばかりする人や、愚痴の多い人に成功者と言える人はいません。
現代ではSNSの普及により、TwitterやInstagramなどで他人に認めてもらおうと、自慢話や他人を陥れるような内容の投稿をする人が多々いたりしますが。
自分の力などを誇示して、他人にアピールしようとするのは、他人から認められていない放漫な人がする事ではないでしょうか。
これから大きな成果を挙げようとしている時に、このような事をする必要が一切ない事は成功者は知っているのです。

成功者の20の思考

No1.失敗を恐れずリスクに責任を取る
No2.主体的に自分で明確に決断する
No3.良い環境に自分の身を置く
No4.感謝する心を忘れない
No5.自己投資と学びを加速します
No6.時間を確保している
No7.目的と目標を明確にしている
No8.常にポジティブである
No9.すぐに行動する
No10.習慣化思考
No11.想像力が高い
No12.孤独を恐れない思考
No13.WinWin思考
No14.他力思考
No15.聴く力を持ち、自慢話はしない
No16.お金にきれいで粗末に扱わない
No17.一つのやり方に固執しない
No18.目的論で思考する
No19.コーチングスキルがある
No20.欲求や期待を解放し不満を手放せる

カテゴリー: 成功の法則