成功者の思考No8.常にポジティブです

◇常にポジティブである

成功する人はいつもポジティブで前向きな思考をしています。
もちろん人間ですから時には落ち込むこともありますが、「なんとかなる」「こんな時も有る」「諦めない」という思考が常にどこかにあるので、どのような状況に陥っても次の改善策を考えます。
いつもネガティブで後ろ向きな人は、まるで自分が失敗することを望んでいるかのように「もうだめだ」「どうにもならない」「諦めた」が口癖となり、そのように思った瞬間に次はなくなります。
仕事をしていても勉強をしていても、習い事や、スオーツの練習をしていても、それを継続している限り、いつかは壁が訪れます。

その時に「なんとかなる」「諦めない」と考えられる人は、その壁を乗り越える打開策を見つけますが、ネガティブな人はそこで終わります。次に何かを初めても、また新しい壁がやってきてそこで終わります。

結局、ネガティブであるというだけで何も成し遂げられないのです。
もう駄目だ、絶対に無理だと思っているかぎり、壁は乗り越えられません。

「落ち込んでいる時間が無駄だ」という事を、落ち込んでいる時に言われても、受け入れられないところもあるかとは思いますが、正直無駄です。
常にポジティブ思考であり続けることが大切です。
というのも、次に生かせばいいわけで、失敗って誰でもしますし、失敗しない人って存在ないからです。
一旦失敗を認め、受け入れてしまえば、前進あるのみ、「失敗する方法が見つかったという事は、成功の道が別にありその道を見つけるだけです」

ネガティブなことも、ポジティブに変換する事をリフレーミングと言います。
無理やりではなく、失敗を見ないふりをする事でもなく、事実を受け入れた上でポジティブな見方、考え方、捉え方に変換する事が大切です。

例えば

「腹の出たおじさん」は「カップクがいいおじさん」
「細かいことを気にする」は「繊細な人」

そして、思考と共に行動や言動も返ると効果的です、それは、思考と行動は連動しているからです。

例えば

「笑顔でスキップをしながら、怒るひとはいません」思考と行動は連動しているためです。

成功者の20の思考

No1.失敗を恐れずリスクに責任を取る
No2.主体的に自分で明確に決断する
No3.良い環境に自分の身を置く
No4.感謝する心を忘れない
No5.自己投資と学びを加速します
No6.時間を確保している
No7.目的と目標を明確にしている
No8.常にポジティブである
No9.すぐに行動する
No10.習慣化思考
No11.想像力が高い
No12.孤独を恐れない思考
No13.WinWin思考
No14.他力思考
No15.聴く力を持ち、自慢話はしない
No16.お金にきれいで粗末に扱わない
No17.一つのやり方に固執しない
No18.目的論で思考する
No19.コーチングスキルがある
No20.欲求や期待を解放し不満を手放せる

カテゴリー: 成功の法則