成功者の思考No9.すぐに行動する

◇とにかくすぐに行動する

「なんとかなる」とか「絶対にやる」とか「不退転の決断」というポジティブな意思を持つ人は、考えるよりも先にまず行動します。
「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、まず行動してみることでそれができることか、できないことかを判断します。問題が起こればその時に解決策を見つければよいのです。
成功する人は、世の中の9割の人が行動を起こさないので、自分の意思で行動しないと何も始まらないことを知っています。
成功しない人は行動する前にあれこれと考えます。物事はやってみなければわからないことばかりですから、行動する前に考えれば考えるほど「無理」な理由がいくつも出てきて、結局行動せずに終わります。

◇行動を恐れる

起業で成功した人は、行動を恐れません。考えたアイディアがビジネスとして上手くいくのか否かを机上の空論で決定するのではなく、実際に小さくても行動し、そこにニーズがあるのか確かめます。
また、心理学には幸福を決定するを面白い心理学があります。それは、幸福を決定する要因のうち、50%がDNA、40%が行動、10%が環境、であるというものです。
つまり、あなたが幸福を感じたければ、行動をするのが一番妥当な選択なのです。DNAはなかなか変えられないですし、環境を変化させるには、多くの費用や時間がかかります。
行動は結果に直結するだけでなく、自分を幸福にする最大の要因でもあります。

◇安定志向

起業で成功する人は、安定を求めません。何かを変革しようと行動します。時代は常に進歩しています。多くの人は、就活の段階で安定を求めますが、起業で成功する人は、就活をしたことがない人が多いです。また、就職しようとも、安定を嫌い、会社を退社し、自身で起業に挑戦します。
多くの日本の大企業が、今や安定志向になり、ビジネスで守りに入りました。その結果、中国や韓国、さらにはインドといった新しい波に飲まれようとしています。家電製品がその典型でしょう。
守る部分をしっかりと守ることは大事です。しかしながら、全て守っても意味はありません。新しい何かを生み出し続けなければ、次に来る新しい時代の波に飲み込まれます。

◇素早く行動する

毎日の生活の中で、良いアイディアが浮かび上がってきた時、すぐにチャレンジするように努力してみましょう。
成功者というのは、自分で行動し、結果を出す人の事を言います。どんなに素敵なアイディアがあっても、妄想で終わらせてしまっては全く意味がありません。
初速が遅いと、ライバルに先を越されてしまう可能性もあります。「失敗は成功のもと」失敗を恐れずチャレンジする事は、一見スリリングで難しそうなのですが、何事もチャレンジしてみないことには分かりません。

成功者の20の思考

No1.失敗を恐れずリスクに責任を取る
No2.主体的に自分で明確に決断する
No3.良い環境に自分の身を置く
No4.感謝する心を忘れない
No5.自己投資と学びを加速します
No6.時間を確保している
No7.目的と目標を明確にしている
No8.常にポジティブである
No9.すぐに行動する
No10.習慣化思考
No11.想像力が高い
No12.孤独を恐れない思考
No13.WinWin思考
No14.他力思考
No15.聴く力を持ち、自慢話はしない
No16.お金にきれいで粗末に扱わない
No17.一つのやり方に固執しない
No18.目的論で思考する
No19.コーチングスキルがある
No20.欲求や期待を解放し不満を手放せる

カテゴリー: 成功の法則