トレードの心得

欲張らないで、早い利益確定とミストレードは素直に一旦撤退する、早い損切する。

トレードは、いかに損を出さないかが一番大切なメンタルとなります。

希望的観測でのトレードは、利益を減らしたり、損益を拡大させたりします。

仮に利益確定をした後で更に上げてもそれはそれ、損切した後で値戻ししてもそれはそれで、行動としては正解です。

そして

自分の決めたトレード計画やトレードルールを守る意思の強さが必要となります。

始めはメンタル面に負けてしまう事が良くあります。

損失が続いて自信を無くす。
インプレーのタイミングが全く分からなくなる。
自分のテクニカル分析の逆に株価が動く。
待ちすぎて利益を減らしたり。
我慢しすぎて損失を増やしてしまう。

そんな体験をしているうちに、不安や恐怖が先行してトレードを楽しむことが、まったくできなくなります。

だからこそ、事務的なトレードが必要となります。
機械的に、事務的に冷静にトレードするためには、自分のトレードルールの設定が必要となります。

私はいくつかのルールを決めて、機械的なトレードを心がけています。

失敗トレードの体験は自分で原因と対策を必ず考えて、負ける方法を見つけたと自分に言い聞かせています。そして、負けないための自己ルールを増やしています。


私のトレード4つのルールを紹介します。

◇負けを認める
これが負けないトレード最も重要な事です。
ミストレードは即ロスカットします、私の場合は5万円を目安に損切しています、それ以上に損益が増えると、取り返すのに大変だからです。私にとってトレードビジネスは、いかに損益を減らして、勝率を上げるビジネスと思っているからです。
ですから、インプレー後に、指値設定をして損切を行う準備をしていますので、私の感情とは関係なく、自動的に損切されてしまいます。利益が出た時は指値設定を徐々に変更しますので、突然の価格上昇・下降しても自動的に損切、又は利益確定されます。

◇欲張らない
週目標利益で一旦利益確定する。
私はインプレー後、2日から3日で一旦手仕舞いします。但し移動平均線との乖離が拡大している場合は、様子を見ますが基本的には、3日営業日の自己法則を守ってトレードしています。
又指値設定も必ず行う事で、欲張らない状況にしています。

◇インプレーのルールを守る。
私は、チャートのどこでインプレーして、どこでアウトするかを決めています、そうする事でいろいろと考えずに、機械的なトレードが出来るようになります。
その為にテクニカル分析を行います、そして選定した銘柄のチャートやシグナルが売買のポイントに来るのを待ち、インプレーします。
インプレーが適切に行えれば、アウトプレイ(手仕舞い)は逆指値設定で自動的に行っています。

◇銘柄選定
銘柄選択の条件を守る

————————————————————————————–

1)トレード方法、トレードを始めるための手順は?
2)トレードツールの使い方は?
3)勝つためのトレード方法はあるの?
4)トレードはどんな種類があるの?
5)トレードの方法は?
6)株式トレードの資金はいくらあればいいの?
7)どの程度学べばいいの?
8)どんな銘柄がいいの?
9)銘柄選択の方法、初心者でも出来るスクリーニングは?
10)株価はどうやって決まるの?
11)チャートの特性ってなあに?チャートの見方は?
12)信用取引ってなあに?
13)トレードの「騙し」ってなあに?
14)レンジモードってなあに?
15)板場ってなあに?

私のトレード情報はこちらをご覧ください。実践トレードブログ