成功者の思考No16.お金にきれいで粗末に扱わない

成功する人はお金にきれいです。経済的なことに対して不満を口にしません、それは、金銭トラブルは人間関係を悪化させることを知っているからです。
見栄をはってお金を見せびらかす事もしません、お金に対してケチでもありません。お金に対して常にニュートラルな態度を取ります。
金よりも信頼関係を重要である事を知っていますので、金銭的な損得よりも良好な人間関係を保つことを優先させます。

例えば他人と食事に行った時でも状況に応じて「奢る」「割り勘」「奢られる」という選択を適切に行うことができます。
「相手が嫌がっているのに奢る」、「食事はきっちり割り勘と決めている」、「他人に仮を作りたくないから奢られることは絶対に拒む」。
いずれもお金という存在に行動を左右されています。相手の気持ちを無視して自分とお金の関係性を優先している行動です。

物事にはお金で問題を解決した方が良いケースと、そうでないケースがあります。
お金で解決した方がよい問題に対してお金を出さないと、解決までの時間が長引きます。また、お金で解決すべきではない問題にお金を出すと、相手から逆に反感を買ってしまいます。
お金を出すべきか出さないべきか。これを正しく判断するためにはお金のことを考えないのが一番です。

信頼の維持を最上位におくと、自然とお金を使うべきか使わないべきか、または相手に使ってもらうべきかの最適な判断ができます。
好きな人を追いかけると逃げて行くのと同じで、お金に執着しない人にお金は集まるものです。

世の中の9割の人はお金に対して敏感です。お金の問題はデリケートな問題として扱います、世の中の人はお金が大好きで、重要なものとして扱います。
だからこそ、あなたはお金に対して常にニュートラルな態度を取り、お金という存在の重要度を下げる事がお金に対してキレイであるためのコツです。
人から「お金に汚い人だ。」と少しでも思われると信用を大きく毀損し、逆にお金に執着せずきれいな人と思われると、お金があなたの信用を築くことに貢献してくれます。

お金を粗末に扱わない

お金持ちほどケチとか言われたりしますが、成功者は金のありがたみを十分に分かっているからこそ、無駄使いや粗末に扱うことはしないのです。
大金を目の前にしても、堅実で誠実なので常に備えることを怠りません、トラブルや突然の出来事に備える、というのも成功の秘訣だと言えます。
一見質素な生活をしているようで、実はすでに成功したといえる実績を持っている人だったりすることもあります。

大金を手にして散在を繰り返している用では、真の成功者だとは言えません。
まぐれの成功者にならない為にも、「お金を大事にする習慣」を持つことが大切です。

成功者の20の思考

No1.失敗を恐れずリスクに責任を取る
No2.主体的に自分で明確に決断する
No3.良い環境に自分の身を置く
No4.感謝する心を忘れない
No5.自己投資と学びを加速します
No6.時間を確保している
No7.目的と目標を明確にしている
No8.常にポジティブである
No9.すぐに行動する
No10.習慣化思考
No11.想像力が高い
No12.孤独を恐れない思考
No13.WinWin思考
No14.他力思考
No15.聴く力を持ち、自慢話はしない
No16.お金にきれいで粗末に扱わない
No17.一つのやり方に固執しない
No18.目的論で思考する
No19.コーチングスキルがある
No20.欲求や期待を解放し不満を手放せる

カテゴリー: 成功の法則