信用取引ってなあに?

信用取引とは、現金や株式を担保として証券会社に預け、証券会社からお金を借り株式を買ったり、株券を借りそれを売ったりする取引のことです。

信用取引とは、ひとことで言ってしまえば、「自分を信用してもらい、持っている資金以上に株式投資を行うこと」です。自分の資金や株式などを担保(たんぽ)にして、証券会社からお金を借りて投資することになります。信用取引のメリットは大きく分けて3つあります。

1、「持っているお金以上の取引ができる」

例えば、現物取引(一般的な取引)では50万円持っているときは、50万円分までしか取引できませんが、信用取引を使えば、最大で3倍の150万円分の取引ができます(レバレッジ効果※)。うまく取引ができれば、利益は3倍となります。

2、「株価下落時にも利益を出せる(空売り)」

普通の株取引では、株価が安いときに買っておいて、のちに株価が上がったところで売ります。この差が利益になるので、安く買って高く売ることが勝利への近道です!

空売り(信用売り)」は全く逆の発想です。なんと株価が下がればもうかるのです。空売り(からうり)のしくみを見ていきます。

もう少し、わかりやすく解説します。 「A社株(株価:100円)」を1,000株、証券会社から借ります。それをそのまま空売りしたとします。ここでは10万円(100円×1,000株)です。その後、株価が90円まで下がったとします。 ここで1,000株を買い戻します。買い戻しにかかるお金は、90円×1,000株=9万円です。証券会社には1,000株借りてましたから、9万円で買い戻した1,000株を証券会社に返します。そうすると、どうなるでしょうか?

10万円の価値のものを9万円で買い戻したわけですから、差額の“1万円”が利益となります!

3、「株主優待をお得に手に入れられる」

「現物取引の買い注文」と「信用取引の売り注文(空売り)」を組み合わせることで、株の売買手数料と信用取引の金利だけでお得に株主優待を手に入れることができます。買い注文と売り注文が両方入っているので、株価変動は意味がなくなります。手数料1,000円で3,000円相当の株主優待を手に入れることもできます。

FXや仮想通貨のレバレッジと違い信用買いは資金の3倍までですので、ルールを守ってトレードを行えばとても有効な取引方法と言えます。

1)トレード方法、トレードを始めるための手順は?
2)トレードツールの使い方は?
3)勝つためのトレード方法はあるの?
4)トレードはどんな種類があるの?
5)トレードの方法は?
6)株式トレードの資金はいくらあればいいの?
7)どの程度学べばいいの?
8)どんな銘柄がいいの?
9)銘柄選択の方法、初心者でも出来るスクリーニングは?
10)株価はどうやって決まるの?
11)チャートの特性ってなあに?チャートの見方は?
12)信用取引ってなあに?
13)トレードの「騙し」ってなあに?
14)レンジモードってなあに?
15)板場ってなあに?

私のトレード情報はこちらをご覧ください。実践トレードブログ