チャートの特性って?

移動平均線で株価のトレンドを確認する
移動平均線は、一定期間の株価の平均値を計算してグラフ化したもので、短期的な値動きのデコボコをならして、株価の大まかなトレンドを見ようとする補助線です。基本的には線の向きがトレンドを示し、線が上向いていれば上昇トレンド、下向いていれば下降トレンドと判断できます。

株価チャートの使った株の買い方を紹介!
株は、上昇トレンドのときに買うのが基本戦略です。値動きが上昇基調にあるときに買って、その上昇を享受する。そして上昇が終わり、下降トレンドに転換したときに売却するのです。

注意したいのは、下降トレンド中の株には手を出さないということ。いずれは下降が止まって上昇に転換するだろうと思っても、その日がいつ来るかわかりません。そのときまで損失を膨らませることになり、大変危険です。業績や将来性、PERなどでよいと思う銘柄でも、株価チャートが下降トレンドなら、上昇トレンドに転換するまで買いは保留しましょう。


上昇トレンドの「押し目買い」を狙え!
上昇トレンドの中でも、「押し目(おしめ)」で買うことができたら、あなたも立派な中級者! 押し目とは、上昇トレンド中で一時的に下落したところをいいます。上昇トレンド中でも、株価は上がったり下がったりしながら上昇していきます。そこで、一時的に下がったところで買えれば、安く買えることになるのです。

具体的には、株価チャートを見て、上向いている移動平均線に目をつけて、株価がその線の付近に落ちてきたところで買いましょう。

移動平均線の使い方

(1)線の向きがトレンドを示す
上向きなら上昇トレンド
下向きなら下降トレンド

(2)買いポイントのメドになる
株価が移動平均線にタッチしたあたりが押し目買いのポイント

(3)移動平均線で分かる!
短期トレンド→5日、25日
数ヵ月のトレンド→13週、26週、52週
長期トレンド→24ヵ月、60ヵ月、120ヵ月

株価アルゴリズムでは、チャートのシグナルを図解で分かりやすく解説しています。

買いのシグナル

ゴールデンクロス・新高値更新・上値抵抗線突破・ダブルボトム・逆三尊・トレンドライン突破・三角保ち合い突破・急落後の反騰・初押し・半値八掛け2割引き・移動平均線下方乖離・三空叩き込み・明けの明星・赤三兵・上げ三法・捨て子底・窓開け・たくり線・勢力線・やぐら底・逆襲線・押え込み線・並び赤・下げの下ひげ・毛抜き底・三手大陰線・最後の抱き陰線・大陰線のはらみ寄せ・陰の陰はらみ・放れ五手黒一本底・小幅上放れ黒線・放れ七手の変化底・連続下げ放れ三つ星・寄り切り陽線・下位の陽線五本・上げの差し込み線・カブセの上抜け・上伸途上の連続タスキ・上伸途上のクロス・上げの三つ星・上放れ陰線二本連続・上位の連続大陽線・波高い線・切り込み線

売りシグナル

デッドクロス・新安値更新・下値支持線突破・移動平均線上方乖離・三空踏み上げ・宵の明星三羽ガラス・差し込み線・下げ三法・化け線・上げの上ひげ・毛抜き天井・下方窓開け・新値八手利食い線・三手放れ寄せ線・行き詰まり線・首吊り線・上位の上放れ陰線・陽の陽はらみ・最後の抱き陽線・抱き陰線・つたい線の打ち返し・放れ五手赤一本・放れ七手大黒・下放れ三手・三手打ち・下落途上の連続タスキ・下げ足のクロス・下放れ黒二本・下げの三つ星・上位の陰線五本・寄り切り陰線・天井圏の陰線

1)トレード方法、トレードを始めるための手順は?
2)トレードツールの使い方は?
3)勝つためのトレード方法はあるの?
4)トレードはどんな種類があるの?
5)トレードの方法は?
6)株式トレードの資金はいくらあればいいの?
7)どの程度学べばいいの?
8)どんな銘柄がいいの?
9)銘柄選択の方法、初心者でも出来るスクリーニングは?
10)株価はどうやって決まるの?
11)チャートの特性ってなあに?チャートの見方は?
12)信用取引ってなあに?
13)トレードの「騙し」ってなあに?
14)レンジモードってなあに?
15)板場ってなあに?

私のトレード情報はこちらをご覧ください。実践トレードブログ